アイザックでは安心安全な受講環境で皆様をお待ちしております。

エアライン業界のオンライン面接で大切な3つのポイントとは?

エアライン業界のオンライン面接で大切な3つのポイントとは?

 コロナ禍において客室乗務員の採用が一時中断、延期されているなか、フジドリームエアラインズ(FDA)では2022年の新卒採用の募集が行われました。先日、エントリーシート通過者に、1次面接はオンラインで行われることが通知されました。
・オンライン面接を今までも受けてきたけれど、いまいち苦手……・エアライン業界でのオンライン面接も、他の業界のオンライン面接と同じでいいのかな……
そう悩まれている方は多いのではないでしょうか。
 エアライン業界は特に印象が重要視されるので、オンライン面接はしっかりとした準備をする必要があります。ポイントを押さえてオンライン面接を攻略しましょう。

エアライン業界のオンライン面接事情

 コロナウイルス感染症の流行により、ソーシャルディスタンス、マスク着用などの新しい生活様式が推奨されるようになり、私達の生活も大きく変わっていきました。就職活動も同様に、感染症対策として非対面、オンラインでの面接が行われるようになりました。中には最終面接までオンライン面接で完結する企業もあるようです。
 エアライン業界では、コロナ禍の影響により、大手を始めとする多くの航空会社が客室乗務員の採用を一時中断、あるいは延期という処置をとる事態に陥りました。その中でも、採用を継続している航空会社もあり、2020年の採用ではフジドリームエアラインズ(FDA)、IBEXエアラインズ、CKTSなどの企業がオンライン面接を導入しました。現在のエアライン業界の面接は、一次から最終面接まで全てオンラインで行うことはなく、対面とオンラインが混在する形で選考が進みます。
 実際に2020年のIBEXエアラインズの採用試験では、一次面接が対面で行われ、最終面接がオンラインで行われました。同年のCKTSの採用試験では、一次面接がオンラインで、最終面接が対面で行われました。

オンライン面接に必要な準備物、事前に確認しておくと良いこと

 オンライン面接は自宅にいながらリモートで面接ができるため、感染リスクがなく、遠方の企業であっても受験しやすいというメリットがあります。その反面、画面上でのやり取りなので、表情が伝わりづらかったり、通信環境によっては画面がフリーズしたり、途切れてしまったりと、オンラインならではの難しさもあります。
 オンライン面接では、面接官とスムーズにやり取りをするため、事前の準備が必要です。以下の物を揃えておきましょう。
・パソコンやタブレットを用意する。カメラやマイクが内蔵されていない機種のパソコンは、別途WEBカメラやマイクを設置する。・カメラの角度を安定させて面接に集中できるよう、タブレットを固定する台やスタンドを用意しておく。・生活音などが気になる場合は、マイク付きのヘッドセットを準備しておく。・通信状況の良いネット環境を用意し、オンライン面接に必要なアプリケーションを事前にダウンロードし、名前が漢字のフルネームで表示されるようにしておく。
 また、面接の前には、以下のことを確認しておくといいでしょう。
・対面での面接と同じく上下リクルートスーツをきちんと着用し、身だしなみをしっかり整えておく。・静かな個室でアクセスする。自宅が難しい場合は、シェアオフィスやコワーキングスペースを利用する。・事前にマイク、カメラテストをし、アプリケーションの動作確認を入念に行う。

オンライン面接で大切な3つのポイント

印象が重要視されるエアライン業界では、オンライン面接の準備をしっかりとする必要があります。

【POINT1  笑顔・声の大きさを2倍、メイクの工夫、目線に気を付ける!】 エアライン業界の仕事において第一印象はとても大切です。面接においても第一印象はしっかりとアピールする必要があります。パソコンの画面上では、対面と比べて印象は半減するので、通常の2倍の笑顔と声の大きさを心がけましょう。
 また、画面上では就活用のメイクではノーメイクのように映ってしまいがちなので、少し明るめのリップやローズ系のチーク、また、自然なハイライトをうまく活用し肌の色が明るく見えるよう工夫してみましょう。
 目線は基本的には画面ではなくカメラを見据えます。ただし、時折画面の面接官の表情をチェックすることも必要です。あまり目線がきょろきょろしないよう気をつけましょう。

【POINT2 背景、明るさ、静かさなど、面接に集中できる環境を整える!】 オンライン面接の際、自分の画面の背景には、何もない壁を選ぶと良いでしょう。バーチャル背景などは、動いたときに体とシンクロしてしまうなど、面接官が話に集中できない可能性があります。競争率の高いエアライン業界の選考においてはおすすめできません。部屋が暗い場合は、スタンドライトなどを使い、顔に影が出ないよう工夫しましょう。ヘッドセットやイヤフォンはやむを得ない場合使用可能ですが、外見的印象に影響を与えてしまうためできればヘッドセットを使用しなくても問題のない環境で受験すると良いでしょう。

【POINT3 簡潔に話すことを意識しながら、面接官の印象に残る工夫をする!】 オンライン面接も対面の面接も、質問の内容は変わりません。ただし、オンライン上では、「伝わりやすさ」を意識して話すことが大切です。画面上のコミュニケーションであるオンライン面接では、対面に比べて話が冗長に受け取られてしまう傾向があります。そのため、簡潔に、分かりやすく話す必要があります。
 結論ファーストはもちろんのこと、会話調で自然に話すことや、簡潔な中にも具体例を交えて話すことで、画面越しの面接官の印象に残るよう工夫しましょう。

まとめ

 競争率の高いコロナ禍のエアライン受験では、オンライン面接の対策もしっかり行っておく必要があります。POINT1 笑顔・声の大きさを2倍、メイクの工夫、目線に気を付ける!POINT2 背景、明るさ、静かさなど、面接に集中できる環境を整える!POINT3 簡潔に話すことを意識しながら、面接官の印象に残る工夫をする!
上記で述べた3つのポイントを意識してオンライン面接の準備をしていきましょう。
 アイザックエアラインスクールでは、少人数制クラスで、元CAの講師から就活で勝ち抜くためのあらゆるスキルを学ぶことができます。それに加えて、オンライン面接に必要な身だしなみや印象、そして自分自身をしっかりPRする内容とその伝え方を身につけることができます。
 国内トップレベルの合格実績(2021年8月現在3,150名以上)を誇るアイザックで、エアライン受験準備を進めませんか?
### [inquiry-Airline] ###

>空への憧れを今すぐ現実に|アイザック エアラインスクール

空への憧れを今すぐ現実に|アイザック エアラインスクール

【 空への憧れを抱き続けるあなたへ 】 業界実績No.1、合格率97.7%のアイザックエアラインスクール。客室乗務員、グランドスタッフ合格者数3150名突破。まずはレッスン見学へ(無料)

CTR IMG