アイザックでは安心安全な受講環境で皆様をお待ちしております。

JAL, ANA, エアライン就活用の証明写真って?準備するポイントをお伝え!

アイザックでJAL、ANA客室乗務員をはじめ航空業界の合格者2,300名突破!

エアライン業界を目指されている方で、エントリーシート(ES)に貼る証明写真やスナップ写真がどのようなものがいいかお悩みではないですか。今回はエアライン業界のESに使える写真の準備方法について詳しく解説いたしました。

エアライン業界の就活での証明写真の重要性

エアライン業界は非常に倍率が高い業界です。

企業にもよりますが、書類選考の時点でかなりの受験者を振るい落とす企業もあります。

また書類がたとえ通過したとしても、果たしてその書類は書類通過の時点でお役御免となるのでしょうか。

答えは“NO”です。書類は選考中、1次選考、2次選考、最終選考と常に面接官の手元にあるのです。そんな書類はあなたの第一印象を大きく左右するものであります。

その中でも文字よりも視覚的にすぐに目に飛び込んでくる、あなたの写真は非常に重要なものであるといえるでしょう。

面接官が面接前や面接後に書類を確認した際に、みなさんの接客業にふさわしいきちんとした姿や、航空関連をイメージさせる姿の写真を撮られておくことをお勧め致します。

提出を求められる写真は大きく分けて2種類

エアライン業界のエントリーシートで提出を求めらる写真を大きく分けると2種類あります。一つは一般的な証明写真サイズである4×3cmのもの。そしてもう一つは全身写真です。ここでは証明写真と全身写真に分けて、写真を準備する際のポイントをご紹介いたします。

1.4×3cmの証明写真 

これは履歴書やESに貼付する一般的な写真サイズです。撮影する際は以下のポイントに気をつけて準備するとよいでしょう。

① 基本的には笑顔で映るようにしましょう。

    歯は見せていても、見せていなくてもどちらでも大丈夫です。

②顔の向きは正面の場合と斜めに向いた写真もありますが、これもどちらでも構いません。

 もし一般企業と併用したい場合は正面向きのものを撮っておくと無難だと思われます。

 エアライン業界をはじめとした接客業を中心に受けるつもりであるならば、

 斜め向きに撮られてもよいと思います。

③インナーは白いブラウスかシンプルなカットソーを着用してください。

 これもどちらがいいということはないですが、胸元が空いているほうが顔が

   明るく見えるため、接客業用に撮られるのであればカットソーを

   選んでもよいと思います。

④写真館で撮ったほうがいいのか、それともスピード写真などでもいいのかというご質問も

 よく受けるのですが、これも特に決まりはありません。ですが、冒頭でも申し上げた

   ように書類の証明写真はあなたの第一印象を左右します。

 面接官の方に接客業の清潔感をイメージしてもらいやすい写真を撮ることを

   お勧め致します。

写真館に関しては、現在は特にエアライン業界用の写真に特化して撮影をしてくださる写真館もあります。こういった写真館に在籍するメイクやカメラスタッフはエアライン業界用のメイクであったり、綺麗に映る角度であったりの知識を備えたうえで撮影してくださいます。書類をよりよい形に仕上げたいのであれば、少し料金はかかりますが、やはりプロの手を借りるのも一つと言えます。

2.全身写真

全身写真はその名の通り、頭の上から足先まで入った全身が映っている写真です。全身写真に関しては、ここ数年で求められる写真の種類が多岐にわたってきております。各社毎に指定が少しずつ違い一気に準備することは難しいかと思われますが、なるべく簡易的に準備できるポイントをご紹介いたします。

まず過去にあった全身写真の指定の例を下記に挙げさせていただきます。

―全身写真(スタジオ不可)

―全身写真(スタジオ可)

―あなたらしさがわかる全身写真

―あなたらしさがわかるスナップ

―あなたらしさがわかる笑顔のスナップ

同じ全身写真(スナップの一部は全身でなくてもよいものがありますが)でありながら、指定が違うことがおわかりいただけると思います。これらの全身写真をそれぞれ写真館に撮りに行っていては、かかるお金も時間も莫大なものとなってしまいます。

そこで全身写真に関してはご自身で用意されることを視野に入れてもよいと思います。

特に最近多い“あなたらしい”という指定がつくものに関しては、むしろ写真館で完璧なものを撮ってもらうよりも、自分の普段の生活の中で撮られた1枚のほうが指定にも見合っていると言えますので、自分で撮ったスナップ写真でもよいでしょう。

全身写真を自分で撮影する場合

この自分で撮ったスナップ写真を準備する際には以下のことに気を付けてください。

①自分以外の第三者が映っていないほうが望ましいです。

 ただし、思い出がある人と映っている場合(海外滞在先のホストファミリーや

   ボランティアでお世話になった人、お世話をした人等)は

   その限りではない場合があります。この場合でも複数人いないほうがいいでしょう。

②写真のシチュエーションはアルバイトやクラブ活動、留学先、ゼミでの一枚など

 何かその写真に付随したエピソードを強みとして語れるもので

    あったほうがいいでしょう。

③自分一人だけが映った全身写真を普段から撮ることは少ないと思うので、

 エアラインを目指すのであれば、全身のスナップ写真の提出が求められることを

   心に留め、留学先やアルバイトなどで写真を残すように意識しておくと

 いざという時に慌てずにすみます。

④カメラの性能については最近のスマートフォンは性能がいいので、やむ負えずの場合は

 スマートフォンでの写真でもいいですが、やはりきちんとしたデジタルカメラのほうが

 画質はよく撮れるので、もし周囲で一眼レフカメラなどでの撮影を頼める人がいるので

 あれば、お願いしてみてください。

全身写真の撮影を写真館に依頼する場合

次に写真館を利用する場合ですが、これらのスナップ写真はプロのカメラマンに撮ってもらったものでも提出は可能です。

多くの場合は、スタジオ外に出て撮るローケション撮影を依頼することになると思います。

“あなたらしい”写真についても写真館にお願いしたい場合は、なるべく自分のエピソードのイメージと近い場所を選んで撮影してもらうことを依頼すればいいでしょう。

また全身写真の中でも、特に写真館にお願いしたほうがいい場合があります。それが一部の外資系航空会社に提出する用の写真です。

外資系の航空会社でスタジオ可となっている場合は、面接に行くようなスーツスタイルで青など一般的な証明写真の背景と同色の前で撮影してもらうほうがよい場合があります。

航空会社によっては全身写真でなおかつ正面を向いているなどさらに細かい指定がある場合がありますが、これらも写真館の方にお願いすれば指定通りのアングルを撮ってくださいます。こういった場合はプロの写真館にお任せするほうがよいでしょう。

いかがでしたでしょうか。エアライン業界の就活ではエントリーシートの作成だけでも他の一般企業の作成と違う点がたくさんあります。それぞれのポイントを押さえて納得のいくエントリーシートを仕上げてくださいね。

さらに詳しく写真の撮り方や服装などを知りたい方はアイザックのエアライン講師にお任せください!

藤井彩
アイザック エアラインスクール講師
ビジネスマナー講師
接遇研修講師

経歴
日本航空国際線客室乗務員、JALウエイズ客室乗務員

コメント
航空業界は難しいと思われている方が多いですが、決して「特別な」「難しい」業界ではありません。どういう人物像を求めているか…をしっかり自分の中に落とし込み、”コツ”をつかむことで内定は目の前です!一緒に頑張りましょう。

最後に

アイザックではJAL、ANAをはじめ、客室乗務員、空港グランドスタッフにこれまで2,400名の合格実績があります。少しでもCA、地上職に興味をお持ちでしたら、まずは無料の個別相談会、レッスン見学に参加してみてはいかがでしょうか?

>空への憧れを今すぐ現実に|アイザック エアラインスクール

空への憧れを今すぐ現実に|アイザック エアラインスクール

【 空への憧れを抱き続けるあなたへ 】 業界実績No.1、合格率97.7%のアイザックエアラインスクール。客室乗務員、グランドスタッフ合格者数3150名突破。まずはレッスン見学へ(無料)

CTR IMG