CLOSE

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-955-224

(受付時間:10:00~21:30)

渋谷校
03-6825-5139
名古屋校
052-251-0419
大阪校
06-6227-1119
CLOSE
お見積り・お問合わせ

住友重機械工業株式会社 様

住友重機械工業様に、アイザック日本語研修を選ばれた理由とご感想をお聞きしました

英語・外国語・日本語研修
トップ 導入事例 住友重機械工業株式会社 様

 住友重機械工業株式会社は1888年に創業し、変減速機、射出成型機、環境ブランド、産業機器、建設機械、造船などの他分野を世界中に展開している総合重機械メーカーです。 住友重機械工業では、現地法人社員の育成の一環として、名古屋製造所内にて定期的に現地法人の社員を受け入れて技能を訓練しています。社内の仕事や、普段の生活など、コミュニケーションに支障なく自立できるよう、日本語教育を導入。その際、アイザックを選んで頂き、主に日本語教育を実施しています。ご担当の馬様に日本語研修のご感想などをインタビューさせて頂きました。

”日本語コミュニケーションに自信がつき、基礎会話ができるようになり大変助かっています”

Q. 現在は中国、ベトナムから来られる方々を対象に、3か月間語学研修をしているようですが、どの程度効果がありますか?

A. 目に見える大きな効果が2つあります。
一点目は日本語を話す時の緊張感がなくなり自信がもてるようになったことです。新しい言葉を学ぶ時には、緊張感が出てきますよね。特にネイティブの方と話す時、自分が言っていることが正しいかどうか、相手に理解してもらっているか緊張してしまいます。しかし、3か月間の研修を受けるとその緊張感がある程度なくなり、日本語に自信が持てるようになります。

 もう1つは、基礎の会話ができるようになること。普段の挨拶や、「先週末何をしました」、「どこに行ってきました」、このくらいの会話は皆できるようになります。基本的なコミュニケーションができるようになるので、このレベルまで日本語ができれば弊社としては大変助かります。また、日本語のベースを作ることができるので、本人が勉強意欲あるなら日本語レベルが上げやすくなると思います。

”先生と楽しく学べて、丁寧な指導を受けられるレッスン”

Q. 御社での語学研修はもう5年以上継続しておりますが、ご感想はいかがでしょうか?

A. レッスンスケジュールは、開始前に頂いた計画通りで、研修の進捗や、受講生の様子や、各研修中の必要な教科書などを都度共有して頂きながらレッスンを進めてくださっています。研修中に何かあっても速やかに対応して頂けます。さらに、学ぶことが楽しくなる良い先生が多く、レッスン中も、語学の教育だけでなく、日本の風習や文化についても、丁寧に教えて頂いています。

また、3か月間の研修が終わった後、先生と受講生と皆で食事に行ったり、写真を撮ったりして、先生との良い関係が出来ています。語学研修を終えた後に日本語学習が楽しくなり、引き続き自己学習してN3を取得した人が複数います。
 受講生からは、

 「何回も質問しても丁寧に教えて頂きました」
 「ロールプレイで何回も練習し、上達することができました」
 「職場や生活にすぐに使えるような言葉を教えて頂きました」
 「日本の昔の物語も教えて頂きました」

 など、レッスンへの満足感や、先生への感謝の声が多くあがっていました。

先生とのロールプレイで自然に日本語が上達!

Q. 今後もアイザックとは語学研修を継続していく予定でしょうか?

A. 現地法人社員育成の一環として、今後も現地法人の社員を受け入れることを計画しており、語学研修は変わらず継続していく予定です。

日本語教育については実習生の受け入れにある程度のレベルは決められているのですが、生活や仕事を支障なくこなすためにはそれだけでは足りません。

弊社の方でもせっかく実習生に日本に来て頂いたので、日本での生活をする上で自立して頂きたいと思っています。自立するためにはまず言葉の問題があるので、そのためにぜひ今後ともアイザック様にご協力して頂ければと思っています。

 連休の際、ひとりで北海道に行ってきたという実習生がいました。飛行機やホテルの予約はどうしたのかと聞いたら、全部自分でネットで調べて行ったようでした。ということは、本人がある程度日本語が話せていて、理解できていたということですよね。レッスンの中で先生とロールプレイをするので、自然に日本語ができるようになっているということなのかもしれません。

レッスンの中で、日本語の勉強だけでなく、日本の歴史や昔の生活について、日本の文化や日常ルールも教えて頂いており、受講生が日本に興味を持ちやすく工夫されているんだなと実感しております。

"レッスンの中で生活のマナーを学んで、抵抗感なく日本で生活できるように"

Q. アイザックへのご要望がございましたらお願いします。
  
A.  受講生は日本の文化や生活について知らないことがたくさんあるので、レッスンの中で生活のマナーを教えていけば吸収しやすいと思います。弊社だけでなく、本人の住んでいる地域にも貢献できるかなと思っています。

 例えば、夜遅くに大きなパーティーを集合住宅でやるのはダメです、とか。マナーを知らずに実際に近所迷惑になってしまったこともありました。レッスンの中で先生に言われればおそらく皆さん自然に受け止めることができるんじゃないかなと思います。

 企業の社会的責任は今どこでも言われています。弊社としても、実習生が近所や地域に迷惑をかけないよう気をつけなければいけないと考えています。今もレッスン中には日本の文化や風習、歴史などを教えて頂いておりますので、引き続き受講生が日本に興味を持ち、自然に日本の生活に馴染めるようなレッスンをお願いできればと思います。今後とも宜しくお願い致します。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加