CLOSE

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-955-224

(受付時間:10:00~21:30)

渋谷校
03-6825-5139
名古屋校
052-251-0419
大阪校
06-6227-1119
CLOSE
お見積り・お問合わせ

お知らせ

NEWS

トップ お知らせ 【コラム】ダイレクトメソッドと間接教授法のメリット、デメリット

【コラム】ダイレクトメソッドと間接教授法のメリット、デメリット

コラム
海外赴任や留学などで、短期間で外国語を習得する必要がある場合、スクールに通ってプロの語学講師から教わることが近道といえるでしょう。

しかし、様々な語学スクールがあり、自分に合ったスクールはどれなのか迷ってしまいますよね。

マンツーマンか、クラス制か、選べるスクールもありますが、スクールによっては、一切日本語を使ってレッスンを行わないダイレクトメソッドを取り入れている所もあります。一方で、流暢な日本語を使いながら外国語も織り交ぜつつネイティブ講師がレッスンを行うスクールもあります。ダイレクトメソッドと、バイリンガルでのレッスン、それぞれメリット、デメリットがあります。バイリンガル講師のレッスンを長年続けてきた、アイザック外国語スクールでのレッスンの経験と実績を踏まえながら、ご紹介していきます。

 

ダイレクトメソッドとは?

 

ダイレクトメソッドとは、「直接教授法」と呼ばれ、外国語で外国語を学び、理解する学習方法のことです。反対に、アイザック外国語スクールで行っているのは「間接教授法」という、日本語(母国語)で外国語を理解する学習方法です。日本の英語教育は間接教授法なので、まず日本語で考えてから英訳するというプロセスが身についている方が多いでしょう。日本語脳のまま、英語を理解する間接教授法に比べ、直接教授法では、英語でダイレクトに理解するため、英語脳が育ち、自然と英語を英語のまま理解する力が身に付きます。

 

ダイレクトメソッドのメリットとデメリット

 

<メリット>

ダイレクトメソッドの場合、ネイティブ講師から日本語を使わずに、学びたい言語をその言語のみで教わるので、日本語で理解してから外国語に訳すというプロセスを省き、どちらかと言うと外国語に対する苦手意識が薄れます。特に英語を学ぶ際は、学校で学んできた英語の基礎がある程度できているので、ダイレクトメソッドで自然に英語を身に着けやすいというメリットがあります。

いちから学ぶ言語でも、何を言っているか分からない難しい言葉を使って説明するのではなく、ジェスチャーやイラスト、シチュエーションなどを活用して、その言語で単語の意味や使い方を学んでいきます。

ダイレクトメソッドでの学び方は、赤ちゃんが言語を身に着ける方法と似ています。赤ちゃんは周囲の大人が話す声や、聞こえてくる音を聞き、それを真似て発声し、相手の反応を見て、言葉を覚えていきます。

例えば、よく最初に口にするといわれる「ママ」ですが、ママ本人が自分のことを「ママ」と言っていたり、他の人からママと呼ばれて返事をしているのを見て、誰が「ママ」なのかを理解します。そして、自分でも「ママ」に似たような音を発声し、ママが反応することで、「ママ」という言葉の意味を理解していきます。

このように、外国語でダイレクトに単語を学び、シャドーイングという発声をしながら、意味を理解していきます。まだ日本語脳が定着していない幼児期から外国語を学ばせるのであれば、ダイレクトメソッドは有効的に働き、小学生でも英検1級をとれるほどの実力を身に着けることも可能です。

 

<デメリット>

 

子供は、左脳と右脳をつなぐ脳梁が未発達なので、右脳と左脳がまだ完全に分離されておらず、左脳も右脳も同じ機能を持っているため、聞いた情報をストレートに学び取っていくことができます。1歳を過ぎたころから脳梁ができ始め、6歳ごろまでには太い脳梁となり、左脳と右脳は分離し、それぞれ役割を担うようになります。

完全に左脳と右脳が出来上がっている大人がダイレクトメソッドで外国語を学ぶ際は、かなりの時間を要します。赤ちゃんが母国語を身に着けるように、常に母国語を話す人がそばにいて話しかけてくれる環境を作るのは難しいですよね。外国語で理解し、話すエッセンスを取り入れたものがダイレクトメソッドと呼ばれる学習法になり、ある程度外国語の基礎ができている場合は、大人でも有効的な方法として取り入れているスクールがあります。

ただ、英語以外の触れたことがない外国語をいちからダイレクトメソッドで学ぶ場合はハードルが上がります。簡単なひとつの単語や名詞程度ならそれほど苦労しなくてもできるかもしれませんが、言語学習に必要不可欠な文法となるとダイレクトメソッドで教えることは難しいです。英語のダイレクトメソッドでも文法を学ぶ際は相当な英語理解力が求められます。

 

間接教授法(バイリンガル講師)のメリット、デメリット

 

<メリット>

 

英語以外の新しい言語を大人が学ぶ場合、その言語の特徴や発音、そして文法(言語構造)をしっかりと学ぶことが重要です。アイザック外国語スクールでは、マンツーマンでバイリンガル講師から、まず日本語で言語の基礎や文法を学びます。そして、徐々に日本語での説明を減らし、ダイレクトに言語を学んでいきながら理解していくという学習法を取り入れています。

 

いちから学ぶ言語では、日本語で説明のできる、バイリンガルのネイティブ講師の存在が重要です。3か月から半年の短期間での学習を望むのであれば、間接教授法とダイレクトメソッドを取り入れたバイリンガル講師のレッスンがおススメです。

 

<デメリット>

 

日本の英語学習のように、まず日本語で考えてから、外国語に訳すという習慣が身に付く恐れがあるので、外国語でダイレクトに考える能力を身に着けにくいというデメリットがあります。また、スクールのレッスンの内容によっては、会話よりも文法を重視した読み書きを主に行うこともあるので、外国語会話のスキルが向上しづらいこともあります。

各スクールのレッスン内容をきちんと把握し、間接教授法でも外国語会話が向上できるスクールを選択することも大切です。

 
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加
;